» エコ保育所の取り組みをご紹介✨

トップページ > お知らせ > エコ保育所の取り組みをご紹介✨

エコ保育所の取り組みをご紹介✨

みなさんこんにちは☺
あっという間に今年度もおわりが近づき、3月がやってまいりました!
 

 

最近、卒園の近い子どもたちを見ては、さびしい気持ちになったりしております😢
ちょっと気が早いですね😅

 

 

 

春は出会いと別れの季節🌸
えきデイナーサリーを巣立っていく子どもたちもいますが、
これからも引き続き成長を見守っていけたら嬉しいです。

 

 

3月も下旬になってくると、道端や公園で桜の花が見られて、
春の訪れを実感しますね☺
 
お散歩先の公園にも、桜の木があるので、
春のお散歩で桜は子どもたちにも大人気✨

 

 

花びらをバケツに集めて、ひらひら~

 

 

そんな日本の春には欠かせない桜🌸ですが、温暖化の影響により、
40年前と比べて開花時期が、平均約1週間も早くなっているのだそうです!
今の状況が続いてしまったら、子どもたちが大人になったとき、
はたして桜=春の風物詩として残っているのか、、、

 

 

えきデイナーサリーはちいさな子どもたちを預かる保育園として、
子どもたちの未来について考えることも、大切な使命だと考えています🌎

 

 

 

今年度は新しい取り組みとして、
かごしま環境未来館から、「エコ保育所」認定をいただき、
保育園でできる地球にやさしい活動に取り組んできました🌱

 

 

 

 

電車を見学して公共交通を身近に感じてもらったり

 

 

 

暑い夏にはエアコンに頼りすぎない、涼しいあそびとして、
公園での水あそび(途中から泥あそび!)や、園内での氷あそびを行いました!
子どもたち大興奮です!

 

 

 

いらなくなったペットボトルを使ったあそびや~
 
 
 
 
牛乳パックを使ったクリスマスの飾りづくりにも挑戦しました🎄
 

 

 

寒くなってきたら、公園の落ち葉を使ってあそんでみたり
 
 
 
 
おもいっきり体をうごかして、みんなでぽかぽかになってみたり

 

 

毎日の給食の中にも、エコが隠れていましたよ!
地元のものを選んで食べることも、実は環境にやさしい行動なんですね✨

 

 

計画を立てる段階では、保育の中にどんな”エコな活動”を取り入れようか、、、
と悩んでいましたが、
ふたを開けてみれば、結果、子どもたちの生活は(私たち大人と違って!)
何か特別なことをせずとも、十分に地球にやさしいものでした!!

 

 

季節関わらず毎日せっせと歩いてお散歩に出かけ、身体を動かし、
 
身近にあるものを想像力を駆使してあそびに展開させ、
 
個々に合った量の給食やおやつを食べる!
 
そんなちいさな子どもたちの生活は常に”エコ”です、
そして何より日々ちいさな浮き沈みはありつつも、保育園での生活を楽しんでいます^^ 
 
 
 
エコ=節制みたいな考え方が大人にはありがちですが、
子どもたちを見ているとそうではなく、むしろ豊かさを感じるほどでした!

 

 

 

 

こういった子どもたちの
日々の生活の中での発見や、気づき、を大切にして育んでいけるような保育を、
これからも目指していきたいと思っています☺

 

 

 

今年度もえきデイナーサリーの保育にご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

引き続き、ひとりひとりの子どもに寄り添った保育を行ってまいります、
来年度もよろしくおねがいいたします🌸
 
トップへ戻る