» 園の紹介

トップページ > 園の紹介

園の紹介

企業主導型保育事業について紹介

企業主導型保育所とは、内閣府が始めた企業主導型の事業所内保育事業です。
これは、企業が社員の家庭を支援するための制度であり、事業所内に保育施設を完備するというものです。
認可保育園の場合、自治体により保育の必要性が高いと判断された人が優先されるので、勤務時間が短いパートさんや、求職活動中などの場合、認可保育園に入れない場合もあります。

企業主導型保育事業は、企業と利用者が直接契約をするので、自治体による入園調整はありません。
えきデイナーサリーでは、フルタイム・パートタイム勤務の方でも求職活動中の方でも、保育を必要とする理由がある方であれば誰でもご利用いただけます。

えきデイナーサリーとは

えきデイナーサリーとは 鹿児島市中央町にある企業主導型保育園です。

えきデイナーサリー

保育体制

看護師1名、保育士6名 毎日4名以上の先生が1対2~1対3で保育しています。

保育体制

給食、おやつ

保育園内の調理室でつくったこだわりの給食を食べます。
15時のおやつも手作りで、食材・調味料までこだわって作っています。

給食・おやつ

お外遊び

天気の良い日はお散歩をしながらお外遊びに出かけます。

お外遊び

カリキュラム

季節の制作遊びはもちろん 英語や体操などのカリキュラムやベビーマッサージなどの親子イベントもあります。

カリキュラム

こだわりの食育

えきデイナーサリーでは、食材・調味料にこだわった給食の提供や、食を通して様々なことについて学ぶ、食育を行っています。

こだわりの食育

保育理念

子どもの自主性を育てる、きめ細やかな保育

保育目標

子どもの最善の利益を確保し、環境を整える。
一人ひとりの子どもの人権と自立心を尊重し、豊かな人間性を育む。

保育方針

基本方針

1.乳児保育 (0〜2歳児)
  • 様々な行動や欲求に適切に応え、特定のおとなとの情緒的な絆を形成する。
  • 活発な探索活動を楽しみながら、様々な感覚が育つ。
  • 身近なおとなとの安定した関係のもと、一人遊びを十分に楽しみながら、自我が芽生える ・生活の中の様々なあそびや人と関わりを通して、自我が育つ

2.給食・食育運営方針

  • 安心安全なオーガニック食材、旬のものを取り入れ幅広い食材をを使用して手作り給食を提供する
  • 友だちや身近なおとなと親しみをもって、楽しく食べる
  • 日常の生活に密着した食育を深く考察し、実践する 離乳食からかぶりつく、つかみ食べを導入する

3.保健計画

  • 園児健康診断 年2回(前期・後期)
  • 園児歯科健診 年1回
  • 職員健康診断 年1回
  • 職員検便 全職員月1回
  • 園児への保健指導・取組 毎月身体測定を実施し発育や栄養状態の把握に役立てる
  • 手洗い・歯磨き指導・トイレの使い方指導

その他保健に関する取組

  • 感染症予防のため、保育室内外の衛生管理に努める
  • 日々の子どもの健康状態や近隣園、地域での感染症流行状況を把握し、感染症拡大防止のための情報発信を行う
  • 感染症対策として予防接種状況を把握し保護者に対し、年齢に応じた計画的予防接種を勧める

料金・定員

対象生後4ヶ月〜3歳未満(4月1日時点)
定員12名
保育料平日・土曜日利用:¥18,000
平日・土曜日・日曜日利用:¥30,000

園ブログ

入園案内・見学

一日の様子

えき写真館

トップへ戻る