ゆとりななやしろのもり

しぜんとつなぐ、こどものもり

「一人一人を大切に、豊かな経験を通して「生きる力」の基礎を育てる」
という保育理念のもと、保育を行います。

戸外、自然環境との触れ合いを大切にしながら、遊びを中心にした、子どもが主体の保育を目指します。

園概要

名称    ゆとりななやしろのもり保育園
所在地   〒892-0871 
      鹿児島県鹿児島市吉野町7027-9
TEL     099-800-8702(本社)
FAX     099-800-8691(本社)
開園日   2024年4月1日
敷地面積  約867.33㎡
総定員   45名
定員    0歳児 3名/1歳児 3名/2歳児 9名/
      3歳児 10名/4歳児 10名/5歳児 10名
開園時間  7:00~19:00(短時間保育 8:30-16:30・延長保育 18:00~19:00)

ー 園舎イメージ ー

園について

小さなもり
園庭に遊具はありません。園の敷地内に小さな森。葉っぱ、石ころ、小さな生きものはたくさん。
自然がすぐ隣にあるという環境。こどもたちは毎日敷地内の森に出て、自らの手で見つけて、触れて、つくって、泥んこになって遊びます。

木育
幼少期から木や森林と触れ合い親しみを感じることで、豊かな心が育ちます。
木のおもちゃは子どもの五感に働きかけ、豊かな感性、心の発達を促すことができ、癒し効果もあります。幼児期から大人にいたるまで、木材を使った創る活動は人間の知的能力、 身体的能力の発達に優れた効果を発揮するといわれています。

食育
郷土料理を取り入れ、旬の美味しい魚や野菜・果物を使用する季節感のある給食を提供します。主にオーガニック・無農薬・減農薬、地場産品を中心とした安心できる食材、厳選した調味料使用するよう心がけます。卵、牛乳を極力使用しない、低アレルゲンメニューを提供します。天気の良い日は青空で食事をし、「食」に触れる楽しい経験を大切にしていきます。

もっと保育について

自然と遊び
自分の好きな遊びを見つけられる環境を整えます。天気のよい日はもちろん、雨の日でも風の日でも、外で遊ぶ機会を大切にする。遊びの中で様々な体験をしながら、感じて、気づき、発見する。仲間との関わり合いから、人間性を育みます。

自然とゆとり
自然との関わりを大切にし、年間を通じ四季折々の自然と触れ合い、五感で感じながら毎日を大切に過ごします。自然とのふれあいは、子どもの心を育てるだけでなく、保護者の心も豊かにしてくれます。

自然と体
豊かな緑に囲まれた園舎で、楽しく体を動かす時間を確保します。でこぼこ道を走ったり木登りしたり、戸外での遊びには多様な動きの体験が詰まっており、たくましく健康な身体が育ちます。

ゆとりのもりのき・くさ・はな

申込について

令和6年4月の申込受付を、令和5年11月15日(水曜日)から開始しました。
令和6年度保育所等利用申し込みの受付期間は次の通りです。

【令和6年度保育所等利用申込受付期間】
調整期 受付期間
(終了)第1期 令和5年11月1日(水曜日)~令和5年12月15日(金曜日)
(終了)第2期 令和5年12月18日(月曜日)~令和6年2月1日(木曜日)
第3期 令和6年2月2日(金曜日)~令和6年3月5日(火曜日)

申込先
鹿児島市役所 こども未来局 保育幼稚園課
〒892-8677 鹿児島市山下町11-1
電話番号:099-216-1258
https://www.city.kagoshima.lg.jp/kosodate/hoiku/kosodate/kosodate/hoikusho/hoikusho/h30hoiku/reiwagonendoriyoumousikomiannai.html

現地見学会について

2024年3月2週目以降に予定しております。

入園予定の方(内定している方)

ゆとりななやしろのもりへのご入園、ありがとうございます。
①ご連絡頂き次第、ショートメールから入園手続きについてご案内致しますので、ご回答お願い致します。
②入園前説明会(個別面談、入園前健康診断)を行う予定です。
 日程詳細が決まり次第、ご提出いただいたアドレス宛に説明会日程メールをお送りいたします。
③ご入園までの連絡や、その他提出書類もメールに添付の形でお送りします。
 メールのご確認をよりしくお願い致します。

採用情報

ゆとりななやしろのもり保育園では、理念に共感頂き、一緒に働いて下さる方を募集しております。
個別説明会を行っております。ぜひお問い合わせください

募集中の職種について:https://yutorihoiku.jp/recruit/post-922/
(採用予定人数に達した時点で募集を終了する場合があります)

よくある質問

行事について
「子どもが中心」の保育を目指し、それぞれの子どもたちの興味、関心、発想力を意欲的に発展させていく支援をし、そのために必要な環境を整えます。
行事を”子どもたちが自分たちの成長を楽しむための取り組み”と位置づけています。
給食・お弁当について
園内のキッチンで自園調理となります。離乳食、アレルギーについては個別相談した上での対応になります。
お弁当につきましては、定例ではなく、基本的には活動に合わせてご持参していただきます。
制服について
園の制服はありません。活動に合わせて、適切な服装・装備(汚れてもよい服、帽子、雨具など)を各自準備していただきます。