こころに
ゆとりを

株式会社ユトリ イメージイラスト 株式会社ユトリ イメージイラスト

令和6年 新規開所!

しぜんとつなぐ、
こどものもり

私たちについて

私たち株式会社ユトリは、鹿児島市内を中心に、保育園、児童クラブ、プログラミングスクール、オーガニックコーヒーロースターなどを展開している会社です。子どもたちひとりひとりが温かな雰囲気の中、のびのびと過ごし、様々な体験を通して感じ、気づき、発見していける環境づくりを大事にしています。

事業内容

  • 保育園

    保育園

    鹿児島市を中心に企業主導型保育園・認可保育園を運営しております。
    子どもたち一人ひとりを大切に、寄り添いながら子どもが主体の保育を目指しています。豊かな経験を通して子どもたちが自ら感じ、気づき、発見していける環境づくりを大事にしています。

    • 企業主導型保育園
      0ー2歳児を対象としたおしろ保育園とえきデイナーサリーを運営しております。
      小規模保育ならではのひとりひとりの子どもに寄り添い、子どもの自主性を尊重したきめ細やかな保育を目指しています。
      「楽しい!」を大切に、子どもたちの興味や関心に合わせた遊びや活動を行っています。近くの公園などに出かけ、虫や草花と触れ合ったり、自然との関わりを大切にしています。 地元の食材を使った給食や手作りおやつを提供し、様々な活動で食の楽しさを味わえます。
    • 認可保育園
      0-5歳児を対象とした定員45名のゆとりななやしろのもり保育園が令和6年4月に新規OPENしました。
      「一人一人を大切に、豊かな経験を通して「生きる力」の基礎を育てる」という保育理念のもと、保育を行います。
      戸外、自然環境との触れ合いを大切にしながら、遊びを中心にした、子どもが主体の保育を目指します。
  • 児童クラブ

    児童クラブ

    児童クラブのゆとりキッズスペース清和・荒田・田上・西田・広木を運営しております。 子どもたちが「行くのが楽しみ!」とワクワクできる居場所を目指し、子どもたちひとりひとりの気持ちに寄り添う姿勢を大切にしています。日々、子どもたちの自己肯定感を高められるような様々な活動を準備して子どもたちの帰りを待っています。

    • ゆとりキッズスペース清和

    • ゆとりキッズスペース荒田

    • ゆとりキッズスペース田上

    • ゆとりキッズスペース西田

    • ゆとりキッズスペース広木

  • 教育

    教育

    プログラミング・タミヤロボットスクールと個別指導塾を運営しております。 プログラミングは現代の子どもたちにとっての基礎学力、思考法です。個々の進度やレベルに合わせて自己探求できる個別オンライン学習と、教え合い学習で理解を深められる集団学習のどちらもご用意しております。

  • 飲食

    飲食

    吉野のHOUSEを運営しております。HOUSE organic coffee roasters and terraceでは自家焙煎のオーガニックコーヒーを提供しております。テラス席もあるのでこどもだけでなく、ペットも一緒にゆっくり過ごせる空間となっています。

新しい仲間を
お待ちしています

求人情報一覧へ

スタッフの声

  • こどもたちのやりたい!も自分のやりたい!もできる場所

    こどもたちのやりたい!も自分のやりたい!もできる場所

    元々子どもが好きだったこともあり、保育園での業務に興味がありました。看護師として子どもたちの健やかな成長のサポートをしていきたいと思い、ユトリに入社しました。子どもたちを近くで見守る中で、子どもたちのいろんなやりたい!に […]

  • 子どもの近くで働きたい!が叶う仕事

    子どもの近くで働きたい!が叶う仕事

    前の職場では調理師として保育園で働いていました。給食作りが終わった午後の時間、より子どもの近くで働きたい、保育士の先生たちのお手伝いをしたい!と思い子育て支援員の資格を取りました。ユトリは0歳児~2歳児の小規模保育園なの […]

  • 一人ひとりを大切に小規模保育だからできる保育

    一人ひとりを大切に小規模保育だからできる保育

    以前働いていた大きな園では、なかなか自分がやりたい保育をすることが難しいなと感じていました。ユトリでは小規模保育ということもあり、こどもたち一人ひとりを大切に少人数だからこその保育ができるようになりました。やってみたい! […]

  • 楽しくをモットーに!ライフステージに合わせた働き方

    楽しくをモットーに!ライフステージに合わせた働き方

    私は4児の母でユトリに入社したのは1番下の子が2歳の時でした。子どもを預けながら働けるというところに魅力を感じ入社し、子どもが卒園するまでは保育補助として働き、現在は小学校教諭の経験を活かし児童クラブで働いています。子育 […]